高齢者事業のご案内

高齢者事業のご案内

通所介護支援事業
 (デイサービスセンター)

通所介護支援事業 (デイサービスセンター)

要支援1・2及び要介護1・2の方が送迎車を利用して通所なさいます。
 プログラムを楽しみ、入浴・食事・リハビリなどのサービスを受けて、お元気を保ち又はお元気を取り戻していただきます。

通所介護支援(デイサービス)営業日・営業時間

営業日

月曜日〜土曜日

*祝日も営業しております。ただし、年末年始・5月3日、4日、5日を除く。

営業時間

午前8時〜午後5時30分まで営業しています。

通所介護支援(デイサービス)利用料金

要介護の方

——基本利用料——

*1回あたりの所要時間が5時間以上7時間未満の場合
介護度 介護報酬額 利用者負担額
1割 2割
要介護1 5,771円 578円 1,155円
要介護2 6,829円 683円 1,366円
要介護3 7,877円 788円 1,576円
要介護4 8,924円 893円 1,785円
要介護5 9,972円 998円 1,995円
*1回あたりの所要時間が7時間以上9時間未満の場合
介護度 介護報酬額 利用者負担額
1割 2割
要介護1 6,624円 663円 1,325円
要介護2 7,825円 783円 1,565円
要介護3 9,068円 907円 1,814円
要介護4 10,311円 1,032円 2,063円
要介護5 11,553円 1,156円 2,311円

——加算料金——
(基本利用料に以下の料金が加算されます)

加算の種類 介護報酬額 利用者負担額 算定回数等
1割 2割
入浴介助 513円 52円 103円 実施した日数
個別機能訓練1 472円 48円 95円 実施した日数
個別機能訓練2 575円 58円 115円 実施した日数
中重度者ケア体制 462円 47円 93円 一日
送迎を行わない場合の減算 -482円 -49円 -97円 片道
サービス提供体制強化 123円 13円 25円 サービス提供日数
介護職員処遇改善 所定単位数の4.0%を加算 1ヶ月

要支援の方

——基本利用料——

区分 介護報酬額 利用者負担額
1割 2割
要支援1 16,914円/1ヶ月 1,692円 3,383円
要支援2 34,681円/1ヶ月 3,469円 6,937円

——加算料金——
(基本利用料に以下の料金が加算されます)

加算の種類 介護報酬額 利用者負担額 算定回数等
1割 2割
運動機能向上 2,310円 231円 462円 1ヶ月
サービス提供体制強化 要支援1 492円 50円 99円 1ヶ月
要支援2 985円 99円 197円 1ヶ月
介護職員処遇改善 所定単位数の4.0%を加算 1ヶ月

その他の費用

  1. 食事代(おやつ代含む)=750円/1日
  2. ハブラシを当施設で用意した場合(初回または交換時)=120円
  3. リースのバスタオルを使用した場合=50円/入浴1回
  4. 手芸、書道、水墨画などの実費のかかるプログラムに参加した場合=100円/各
  5. 施設のパッド、トロミ、ノンカロリーシュガー等を使用した場合の実費
  6. その他、特別な行事等にかかる費用

小規模多機能型
  居宅介護事業

小規模多機能型 居宅介護事業

小規模多機能ひまわりはここにあります

 小規模多機能ひまわり入り口は奥にあります
小規模多機能ひまわりはデイサービスセンターひまわりの2階にあります。
いつでも保育園を眺められます。

小規模多機能型居宅介護とは?

 誰もが、歳をとっても、介護が必要になっても、住み慣れた自宅や地域の中で、家族や親しい人たちとともに、最期までその人らしい人生を送りたいと望んでいます。そんな願いに応えるために、平成18年4月に制度化された介護保険のサービスの一つが「小規模多機能型居宅介護」です。
 「小規模」とは、登録定員が29人までの少人数ということ。少人数だからこそ、よりきめ細かい支援をすることができます。「多機能」とは、1つの事業所として「通い」、「宿泊」、「訪問」、「ケアプラン作成」といった多くの機能を持っているということ。この機能を組み合わせることで、よりきめ細かい支援をすることができます。環境変化の影響を受けやすい高齢者に対して、24時間・365日、住み慣れた自宅や地域の近くで、顔なじみの職員がいろいろな形の支援をすることができます。
 料金は、支援の内容にかかわらず、月ごとの定額です。毎日「通い」、毎日「宿泊」することもできますが、必要以上に多くの支援することで、この事業自体が成り立たなくなります。必要なサービスを必要に応じて提供していきます。なお、医療的処置が必要な場合、内容によっては対応できないことがあります。

小規模多機能型ひまわりの概要(料金表など)の詳細はこちらからPDFをダウンロードしてください。

季節の壁面飾り作り
毎年恒例の梅干し作り
職員の子どもたちとパン作り
野菜の苗植え
地域の行事「三世代ふれあいまつり」に参加
隣の保育園の子どもたちと稲刈り
12月31日の昼食
皆で年越しそばと職員お手製のおせち料理

小規模多機能型居宅介護の「サービス評価」

 厚生労働省の示す運営基準の中で「事業所は提供するサービスの質を自ら評価するとともに、定期的に外部の者による評価を受けて、それらの結果を公表すること」が義務付けられています。それに基づき小規模多機能型居宅介護事業では毎年実施されています。詳細は「事業概要」ページに記載しています。

前年度のサービス評価はこちら

支援の事例

Aさんの場合

慣れた職員による柔軟な訪問介護の例


主なニーズ

一人暮らしを続けたいが、夏場の健康管理が心配


送迎途中の立ち寄り訪問介護の様子

 通所時に対応するケアワーカーが訪問介護でもお手伝い。他の利用者の方の送迎途中に立ち寄ってお手伝いする等、状況に合わせて柔軟に対応しています。

雨戸・サッシを開けるお手伝いをしながら、室温調整を行っています。
お弁当等の片付けをお手伝いしながら、食事・水分量の確認を行っています。

※真夏日の続く時期には宿泊の利用も検討中です。


単位数の比較

基本的な週間スケジュールを基に比較しました。

*デイサービスと訪問介護を利用した場合
サービス 回数 単位数 合計単位数
訪問介護(身体介護20分以上+生活援助) 12回 3,744 12,216
通所(7時間以上) 12回 7,872
通所(入浴介助) 12回 600
*小規模多機能型居宅介護を利用した場合
サービス 回数 合計単位数
訪問介護(身体介護20分以上+生活援助) 12回 10,320
通所(7時間以上) 12回
通所(入浴介助) 12回
Bさんの場合

慣れた職員・場所での宿泊の例


主なニーズ

 体調を崩すと重篤化しやすく、入院が必要となる。息子が出張の際にはショートステイを利用したいが、以前入院した病院にてせん妄状態となり看護師を殴ってしまった事があったため、慣れた職員・場所での宿泊を希望。


ひまわりでのご様子

慣れたひまわりのデイルームで寛ぐBさん

息子さんからの感想

 父がひまわりでの宿泊にすぐに慣れてくれて助かりました。夜中に起きた際、慣れた場所で慣れた職員さんが丁寧に父に対応してくれたお蔭だと思います。
 また、普段の父の様子を知っている職員さんだからこそ、父のちょっとした体調の変化にも気づいてくださり、すぐに対応できるので安心です。


単位数の比較

3泊4日のショートステイを月2回利用した場合で比較しました。

*デイサービスとショートステイを利用した場合
サービス 回数 単位数 合計単位数
通所(7時間以上) 8回 7,184 14,896
通所(入浴介助) 8回 400
ショートステイ 8回 6,576
ショートステイ(送迎加算) 4回 736
*小規模多機能型居宅介護を利用した場合
サービス 回数 合計単位数
通所(7時間以上) 8回 22,062
通所(入浴介助) 8回
ショートステイ 8回
ショートステイ(送迎加算) 4回

居宅介護支援事業

 居宅介護支援センターひまわりはケアマネージャーが介護が必要となった方とご家族と共に、ご自宅での介護生活を一緒に考えていきます。
 デイサービスに通いたい・ヘルパーに介護を手伝って欲しい・お風呂の椅子や車椅子が必要・自宅に手すりをつけたい・介護用ベッドを借りたいなど介護保険を利用したサービス利用だけでなくお弁当の宅配・おむつ給付など介護保険外の制度利用もあわせてご相談いたします。
 なお、ご相談にあたってご本人・ご家族の個人情報に関しては秘密保持いたします。  お気軽にご相談下さい。

並木地域包括支援センター

所沢ニュータウン中央西友向かい側

「地域包括支援センター」は高齢者の方が住みなれた地域で安心して暮らしていけるように、介護・福祉・健康・医療など、さまざまな面から高齢者の方やその家族を支える公的な機関です。所沢市では社会福祉法人に委託し、市内14ヶ所に地域包括支援センターを設置しています。本人・家族・地域住民・ケアマネージャーなどから受けたいろいろな相談ごとを、適切な機関と協力しながら支援します。まずはお電話でお気軽にご連絡下さい。

※ 地域包括支援センターは所沢市の委託により社会福祉法人・医療福祉法人が運営しています。
所沢市役所高齢者支援課 TEL:04-2998-9120  FAX:04-2998-9138

何でもご相談下さい
(相談は無料です)

 主任ケアマネージャー・社会福祉士・保健師・または看護師が連携して皆さんのご相談などをお受けします。

 介護や福祉、医療などに関することはもちろん、どこに相談したらよいのかわからない心配ごとや悩みは、まず地域包括センターにご相談下さい。相談内容に応じて適切な機関などと連絡を取り、みなさんへ必要な情報やサービスの提供、関係機関の紹介などをして、問題の解決に努めます。

介護予防ケアマネジメント
〜自立して生活できるよう支援します〜

  • 【介護予防ケアプランの作成】

    介護保険で「要支援」認定を受けた方がサービスを利用する際に必要となる「ケアプラン作成」をお手伝いします。

  • 【介護予防教室・介護予防講演会】

    いつまでも住みなれた地域で暮らしていただけるよう担当地域内に出向き、体操教室や認知症予防、栄養や口腔の健康など、様々なテーマで介護予防教室を開催しています。また、年に一度、講師の先生をお招きし介護予防講演会も開催しています。

暮らしやすい地域を
つくります

 高齢者一人ひとりの心身の状態、生活環境の変化などにおけるさまざまな問題を解決するために、医療機関を含めた関係機関のネットワークを活用して、支援をしています。

 また、地域で働いているケアマネージャーが日常業務をしやすいように、サービス事業者や医療機関などとの連絡調整をしたり、ケアマネージャー同士が情報を持ち合える様にネットワークをつくったりして、高齢者のみなさんが暮らしやすい地域をつくります。

高齢者のみなさんの
権利を守ります

  • ・高齢者虐待の相談
  • ・成年後見制度についてのご相談

営業日

月曜日〜土曜日

営業時間

午前9時〜午後5時30分まで営業しています。

お問い合わせ (午前9時〜午後5時30分まで)

並木地域包括支援センター
住所 担当区域
所沢市中新井3-20-35-107
TEL:04-2943-7333
FAX:04-2943-8558
こぶし町・若松町
中新井・並木・北原町

ご利用までの流れ

ご見学からご入所まで(通所・小規模多機能共通)

施設にご相談


ご本人・ご家族と施設の見学


施設内判定会議


ご契約


ご利用開始

スタッフ紹介

中澤博子施設長
事務のみなさん
デイサービスセンターひまわりのみなさん
デイサービスセンターひまわりのみなさん
小規模多機能ひまわりのみなさん
居宅介護支援センターひまわりのみなさん
並木地域包括支援センターひまわりのみなさん
看護職のみなさん
リハ職のみなさん
厨房のみなさん
送迎運転手のみなさん

ボランティアの皆さん

このページのトップへ